合同会社グッドフェローズ

感情のコントロール


こんにちは、舞子事業所です。

 

先日、福祉従事者向けの障害者虐待対応の研修に行ってまいりました。

ほぼ丸1日虐待について学びましたが、その中でこれはblogに使えるなと思ったお話を。

 

アンガーマネジメント ― この言葉、最近よく聞きますね。

怒りを管理し、良い状態にする

つまり、「怒らない」のではなく「怒りという感情と上手に付き合うこと」です。

怒りというのは、安全を侵されそうになるとうまれる自然な感情なのですが、

時にそれを上手に扱えないと人間関係がうまくいかなったり、ストレス反応で体調にも影響してくることがあります。

できるなら、怒らないで過ごした方が毎日楽しいと思いませんか??

 

ということで怒りを感じたときに使える対処方法をご紹介いたします。

①怒りを感じたときに頭の中で数を数える

 怒りのピークは6秒だそうで、1.2.3.4…と数えると

 あら不思議♪私、そんなに怒らないでも~となります

②自分が落ち着く言葉を言う

 「ゆっくりいこう」「落ち着いて~」など、数多くリストアップしておくと良いみたいです

③怒りに対して記録をとる

 自分の怒りの傾向が分析できますねぇ

④ラッキー♪ハッピー♪と思えることを記録する

 良い点に目を向けられるようになるようです

 

どれもそんなに難しくなく実践できそうですね。

皆さんもご自身に合う方法を試してみてくださいね。

 

とはいえ、そんな私もセルフコントロールが課題であります。

最近はある本から、物事には黒か白かだけでなく、間には濃淡の幅の広いグレーゾーンもある、ということを意識するようにしています。そして嫌なことがあっても早々に気持ちを切り替える。

相手には私の知らない事情があるのかもしれない、自分の思い通りにならなくてもどちらも正解、これで良いのだ~、などなど。100%思い通りになる必要はないのです。

 

怒った3秒後には笑っていたら周りを振り回す変な人のようですね。

まぁ嫌な気持ちを引きずるよりもそっちの方がずっと良いのかなと思います。

冷静で落ち着いている女性を目指すH.oでした。

 

障害福祉サービス舞子事業所/富士山


カテゴリ: ブログ , 舞子事業所

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP